妻の浮気を疑っているが、真実を知るのが怖い

はじめまして。40代の男性です。

妻に浮気の疑惑を抱いたのは約半年程前です。15年も連れ添った愛妻がまさか……。悪い妄想だと自分に言い聞かせてなんとかその疑惑を払拭しようと努めてみるのですが、なかなか頭から離れません。

どうして私が妻の浮気を疑うようになったのかというと、普段の言動になんとなく違和感を覚えたのがきっかけです。

たとえば記念日。妻は結婚記念日や誕生日などを殊更大事にしていて、毎年そのお祝いを欠かしたことがなかったのですが、どういうわけか今年の結婚記念日や私の誕生日を忘れた挙句、それを問い質してみると「もう記念日ではしゃぐような年齢じゃないじゃない」と一蹴されました。

その時は「まあ、それもそうか……」という具合に、どことなく腑に落ちない感情はあったものの、お互い忙しいというのも理解していたので、何も言わずに妻の意見を受け入れました。

ですがそれ以降、食卓での会話も減り、彼女が私の目を見て話さなくなったことに気付きました。

何か悩み事でもあるのだろうか。その時はそう思いました。直接訊いてみるも「疲れてるだけよ」の一点張りです。

妻は趣味が高じてフラワーアレンジメントの教室を開いているのですが、確かに最近そっちの仕事が忙しいとボヤいていたのを思い出し、疑惑を収めました。

しかし、どうも様子がおかしい。

ストレスが溜まっているのかとも思い、外食へ誘ってみても素っ気なく断られます。

私は妻が私に腹を立てているのではないかとも考えました。自分の気付かぬうちに妻の気に障ることをやってしまっていたのかと、過去の行動を振り返ってみるも、思い当たるフシはありません。

でも最近夜の生活の方がすっかりご無沙汰であることを思い出しました。年齢的な衰えもありますし、15年連れ添ってきて、もうそういう歳でもないだろうと私は決め付けていたのですが、女性はいくつになっても女として見られたいという願望があると聞いたことがあったので、妻もそういう面で不満を抱いているのかと思いました。

ある夜、私は久しぶりに妻を誘ってみました。しかし激しく拒絶されたのです。確信はありませんが、その時の妻の首筋に赤くうっ血した小さなアザのようなものを見た気がします。キスマークだと思います。その時点で私の疑惑はこれ以上ないほど大きく膨らんでしまったのです。

平日、妻の帰りがかなり遅くなることがあって、問い質してみるも「教室の生徒さんと話し込んでただけ」と言い張ります。休みの日もコソコソと誰かと会っている気配があって、これはもう浮気を疑っても仕方がない段階まできたと思います。

でも情けないことに本人を直接問い詰めることができません。真実を知ることが怖いというのが主な理由です。