妻の浮気をはっきりさせるため探偵に相談した

妻とは仕事を通じて知り合ってから、もう10年近く経ちます。結婚してからはもう8年です。結婚後は、私が仕事の関係で赴任することが多いことや子どもがいないため、かなり前から2人の関係は冷えていました。そして、半年前からは妻の浮気に悩んでいます。

きっかけはカードの明細表です。妻のお金の使い道には言及したこともありましたが、いつからかは黙認するようになっていました。口うるさく言われるよりは、自由にさせていたのです。ただ、最近では聞いたことない店からの請求が多くなります。しかもその金額の高さが気になりました。調べてみると、どうやらホストクラブのようです。

妻は明細に記されているのにもかかわらず否定しました。しかし、ホスト通いしているのは明白です。また、明細表には女性が利用するはずのないメンズショップや2人で行くような飲食店の名前があります。

私は我慢の限界でした。妻との離婚を視野に入れるようになります。知人にアドバイスをもらった結果、離婚後のお金関係を考えると、妻のお金遣いだけでなく浮気しているかどうかも焦点になるとアドバイスされました

そのため、妻が浮気相手を客以上の関係として考えている証拠を確実に掴むため、探偵を利用するかどうか含めて興信所に相談することにします。

興信所で簡単な経緯を説明すると、「依頼者のプライバシーは絶対に守る。男性の相談者や利用者も増えつつある」と言われ、少し安心感を得ました。また、調査にかかる費用や諸経費も説明してくれました。その印象としては、うまく話されていましたが自分が想定する以上の金額が請求されそうです。

相談したことから、少しでも調査が効率になるよう、クレジットの請求書の日時やお店の名前、金額などを自分でまとめるようにしました。そのほうが後に慌てることもありませんし、費用を抑えられる可能性がありますので。

次は依頼するために興信所に行こうと思います。ここまでくればもう妻には悪い浮気をしていてほしいです。まあ実際のところ、浮気相手は妻のことをどこまで思っているのかは分かりませんけどね。